お奨め!

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2ランキングへ一票。人気blogランキングへ
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ティーローミィンロー寺院

2011.03.31(20:02)
ティーローミンロー

ミャンマー旅行2007でマンダレーの次に訪れたのはパガン。パガンには何百ものパゴダがあるので、できるだけ多く見られるように2泊とった。かなり多くの主要遺跡を見ることができたけれど、それでも2日では足りない感じだった。1か月とか見学できたらより詳細に見学できて楽しいのだけれど…。今回訪問したのは、シュエサンドーパゴダニューパガンのホテル近くの名もない小さな遺跡セィンニェ・アマ寺院とセィンニェ・ニィーマパゴダダマヤッズィカパゴダ道中の名もない遺跡ダマヤンヂー寺院スラマニ寺院アーナンダー寺院タビィニュ寺院ナツラァウン寺院NGA-KYWE-NADAUNG(卵型)MI-MA-LAUNG-KYAUNG GROP(仏像の中に仏像)ゴドーパリィン寺院ブッパヤーシュエズィーゴンパゴダ(ライトアップ)セィンニェ・アマ寺院とセィンニェ・ニィーマパゴダで朝日鑑賞(再訪)タラバー門ATWIN-ZIGON道中の遺跡ウパリティン、ティーローミンロー寺院、シュエジゴンパゴダ(再訪)、ミンナツ村(パヤトンズ寺院、タンブラ寺院、タヨックピー、Lay-myet-hna Group)、アーナンダ僧院、マハーボディーパゴダ、ミンガヴァー村(グービャウッヂー寺院、ナンパヤー寺院、マヌーハ寺院)。じっくり見たものもあれば、写真を遠くからとっただけのものもある。

HTILOMINLO

年代;12世紀~13世紀
見どころ;巨大な2階構造寺院、漆喰と釉がかかったセラミック(陶器)
(引用;Ancient Pagan: Buddhist Plain Of Merit

感想;遠くから見ても大きいのがよくわかる。道路には面しておらず少し入るのが面倒臭いのと大きすぎて見学に時間がかかるかと思い、道路から外観を撮影して終わり。シュエジゴンパゴダを見ることが第1目標だったので切り捨ててしまった遺跡だ…。


1215年、パガン王ナダウンミャがこの地で王位継承者に選ばれたことを記念して建てた寺院。父王のナラパティズィトゥは5人の王子の中から後継者を選ぶ際、傘が倒れた方向に座っていた者を選んだというエピソードが残されており、ナダゥンミャ王は別名ティーローミィンロー(傘の王)と呼ばれていたためこの名称がついたといわれている(モン語のティーローカミンガラー”3つの世界における幸福“の誤読だという説もある)。建物は2層になっており、1階には表情の異なる4体の仏像が納められているほか、部分的にはげ落ちているものの、外面の手の込んだ装飾も残っている。2階にも4体の仏像があるので合計8体の仏像があることになる。(引用;地球の歩き方ミャンマー(ビルマ)03~04年)

(記事UP日;2011年5月4日、2011年3月に移動予定。訪問日;2007年7月)
スポンサーサイト
FC2ランキングへ一票。人気blogランキングへ
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

カフェオ

  • Author:カフェオ
  • 少しずつ、更新。
    一歩ずつ、前進。

お気に入り!

アンコールワットのライトアップや朝日などの綺麗な写真がたくさんあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログランキング

FC2ブログランキングに参加中。 (海外情報の中のアジア) 今日もクリックお願いします。 最高5位(06年4月11日19:41)


人気ブログランキングにも参加開始!

TKの部屋
月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
リンク
最近気になるもの

ブログでブームはブロモーション 13歳のハローワーク
13歳のハローワーク

自動WEBサイト翻訳(多言語)
YouTubeSEARCH mini

省エネ宣言

t>

ブロとも申請フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。